~養老保険の途中解約は損をする?貯蓄型保険に加入する注意点~

[短い契約期間で養老保険を解約]

af7fd8996d4be20189c541e55fa7813a_s.jpg
私は以前普通に会社員をしながら土日にファミリーレストランでアルバイトをしていて、そのアルバイト代で養老保険に加入しておりました。
その理由は持っていたらお金を使ってしまうからという理由でした。
なので貯金のつもりで1年間ずっと加入していたのですが、その時勤めていた会社が事業縮小となってしまい、私は別の会社に飛ばされる事になったのです。
その新しい会社では土日も時々出社しなくてはいけないというルールがあり、ダブルワークをするのがとても厳しくなりました。
結局はそのバイトを辞める事になったので、養老保険も続ける事が出来なくなりましたので辞める手続きをお願いしたのですが、その時に契約期間が短いと返ってくる金額も少なくなってしまうという事を初めて知りました。
毎月貯金感覚で払っていたので、払った分は最低返ってくるものだと当然思っていたのですが、やはり保険屋さんも商売ですので、そう甘くはないのです。
その間に何かあわれば保証がされるのですからどうしてもそのリスク分のお金といいますか、利益を出す為にどうしても金額が引かれてしまうのです。
その当時の私は25歳でして、そろそろちゃんと保険に入らないとなと思っていた時期でしたので、もしお金にゆとりができたらまた入りたいです。
と担当の方にお伝えした所、途中で解約した人は会社の決まりで解約してから1年間はその会社で新しい保険に入る事ができないという驚愕の事実を教えてくれました。
もう、その時はどうしても毎月払っていくのが辛かったので泣く泣く諦めたのですが、実際に後先考えないで高い保険に入った自分の未熟さが招いた結果です。
今回の私の苦い体験からも、保険に加入する時は何があっても大丈夫なレベルでの加入を心からお勧めします。